肥薩線LOGO SL人吉号 特急はやとの風 いさぶろう・しんぺい号
TOP>観光列車
特急「はやとの風」
薩摩らしさが車窓にかがやく、優雅でたのしい黒列車
特急「はやとの風」
特急「はやとの風」
黒酢、黒豚、黒牛、黒砂糖、黒薩摩焼…。薩摩の「よかもん」は重厚な黒に彩られています。はやとの風も漆黒のボディに金のエンブレムがキラリ。床、壁、座席には木を使用し、みんなで使えるコモンスペースも完備。ぬくもりと楽しさに満ちた観光特急で行きましょう。
●列車名の由来…古代の薩摩・大隅を舞台に活躍した隼人族。勇壮果敢な南の民は、海・山を舞台に独自の文化を築きました。彼らの血は今を生きる薩摩隼人の「ぼっけもん精神」に受け継がれています。隼人たちの駆けた鹿児島を吹き抜ける風のように爽やかな観光特急に「はやとの風」を名付けました。

いさぶろう号・しんぺい号
鉄道の歴史と誇りを体感する、壮大な峠越え観光列車
いさぶろう号・しんぺい号
いさぶろう号・しんぺい号
日本三大車窓
日本三大車窓
力強いディーゼルの唸りを楽しみながら峠を越えましょう。古代うるし色のボディに金のエンブレム。車内には木製のベンチシートをあしらいました。日本三大車窓を行く列車にふさわしく、パノラミックスペースを装備。明治の伝統を引き継ぐ壮大な車窓風景をご一緒に鑑賞しましょう。
●列車名の由来…鹿児島、宮崎と熊本以北を結ぶ肥薩線の人吉〜吉松間は天下の難所。明治期に、国家の威信をかけて鉄道技術の粋を集めた難工事が行われたのです。当時の工事責任者であった逓信大臣、山縣伊三郎と、鉄道院総裁、後藤新平の名前をとって、鉄道の歴史と誇りを体感する観光列車に「いさぶろう号・しんぺい号」を名付けました。

SL人吉
定期便として現役最古の国産蒸気機関車が力強く牽引する豪華列車
SL人吉
SL人吉
胸に響く汽笛の音・・鼓動のような蒸気の振動を伝えながらSL人吉は走る。 8620型蒸気機関車(58654号)は1922(大正11)年、日立製作所笠戸工場の 製造。大正・昭和初期に純国産の旅客用機関車として量産され、日本中で活躍 した通称ハチロクである。58654号は門鉄局に配属された生粋の九州育ちで、 お召し列車を牽いた栄光に輝く。小柄な割に大きな直径1.6mの動輪三個を先輪 1個が誘導する高速向けの足回り。明治期に大量に輸入された外国製の蒸気機 関車を乗りこなし、保守管理するうちについに国産の大型機関車を作れるまで に成長した日本の技術の証でもある。C57、D51などと称される前の古い形式 の機関車が、定期便として現役で駆け抜けている。ともに鉄道遺産といえる貴 重な機関車で肥薩線を旅していただきたい。
●「SL人吉のご案内」 大正生まれの8620形蒸気機関車が牽引する、豪華で美しい観光列車。展望ラウンジからの球磨川沿線の眺めは格別である。
・ 展望ラウンジ(1号車・3号車)
高級感あふれるメープルウッドやローズウッドのインテリアに包まれたサロン展望室。心地よい椅子に腰かけて贅沢なひとときを。(最後尾ではパノラマ・ビューを楽しめる。)
・ ビュッフェ(2号車)
軽いお食事やお飲み物、オリジナルグッズなどを提供する。木に包まれたシックな空間に集まれば、素敵なカフェタイムが待っている。
・ 駅弁「おごっつぉ(ごちそう)弁当」
国宝青井阿蘇神社の「おくんち祭り」の際に昔から食べられてきたお弁当を再現。地元の素材を活かした素朴な味わい。
・ 車内販売
球磨焼酎や炭焼き馬刺し、焼酎アイスクリームなど、沿線の味をはじめ「SL人吉」、肥薩線の乗車記念グッズを車内で販売。旅の思い出にぜひ。
・ 手をふれーる運動
SLに乗車されたお客さまと、肥薩線沿線の方々が手を振り合う運動。気づけば誰もが笑顔になっている。